読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

えもぷの歯列矯正リベンジ日記。

グ○ーポンの格安矯正で失敗したえもぷが、心機一転、追加で100万円払って歯並びを綺麗にする日記です。

矯正医選びのポイント

歯医者について

自分にあった矯正医を選ぶこと。

歯列矯正を始めるにあたって、まずしなければならないのが歯医者選びです。

わたしは再矯正を始めると決めてから、4件の歯医者を回っていますが、まだここ!というところは決めていません。

でも4件も回るうちにここがいい、とかここがだめという基準がわかってきたので選ぶポイントを説明しようと思います。

1. 矯正専門歯科であること。

やはり矯正専門の先生のところがいいと思います。
耳が痛いのに内科の先生の所に行かないように、耳が痛いなら耳鼻科、虫歯になったら一般歯科、歯並びを直したいのなら矯正の専門家に診てもらうべきです。

確かに、体の病院でも1人の先生が「内科、皮膚科、小児科」とか複数の診療をしているケースと同様、1人で歯のことはなんでもおまかせ!とうたう歯医者も多いですが、、やっぱり矯正一本の専門家をオススメしたいとおもいます。

2. 初診のカウンセリングがきちんとしていること。

最初はどの先生がいいのかなんてよくわかりませんでしたが、病院によってカウンセリングに特徴があることがわかってきました。

今のところ、わたしの理想とするカウンセリングはこんな流れ。

  • まず先生の紹介
  • つぎに助手の方が口の中の写真を何枚も取る。
  • 先生が口の中を見る。
  • カウンセリングルームに移動して詳しい話を聞く。
  • 助手の方がお金や今後の流れの説明をする。

ちゃんとしているところは、1時間ほどカウンセリングにかかります。

ざっと初診のポイントを挙げましたが、一番は、口の中の写真を撮るかどうかで判別できると思います。

写真を撮って現在の状態をちゃんと見て、その上で診察台ではなく、カウンセリングルームで撮った写真をパソコンの画面で見ながら、今後の方針を話してくれる、といった先生だと安心だと思います。

3. 通いやすいこと。

歯列矯正は2−3年、毎月通わなくてはならないし、もし何かあったら緊急で診てもらわなければならない場合もあるので通いやすいところが良いと思います。

結構重要なポイントです。

4. お金はある程度は、度外視すべき!

いろいろな矯正医のカウンセリングを受けてみて、やっぱり思ったのは「安かろう悪かろう」ということです。

クーポンで安さを謳っているところはお客さんが足りなくて売上が欲しい。クーポンはクーポン会社に半額広告費を出すので、実際、クーポンに出している半額で治療することになります。

かたや100万円、かたや20万円。同じサービスなわけないですよね?

わたしの歯を診たほとんどの先生が「ああ、、最初に来てほしかったです」とおっしゃいます。

絶対に安さに惑わされてヤブ医者に歯を触らせないでください!!