読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

えもぷの歯列矯正リベンジ日記。

グ○ーポンの格安矯正で失敗したえもぷが、心機一転、追加で100万円払って歯並びを綺麗にする日記です。

カウンセリング体験記 その3 抜歯でインビザライン

その3 渋谷C歯科

私、まだまだカウンセリングに行きまくっています。
今回行ったのは渋谷にあるC歯科です。

カウンセリング基本の流れ。

歯列矯正のカウンセリングの流れは、、

  1. 受付。問診票を書かされる。
  2. 診察台で先生の診察、口の中の写真撮影。
  3. 先生と面談
  4. 衛生士(または受付の人)から金額についての説明

という感じです。

今回のC歯科は、2の診察台の部分がなく、いきなり先生との面談室のようなところへ通されました。

普通の椅子に座った状態で口の中や横顔を先生が鏡を使ってチェック。そしてカウンセリングに入ります。

先生驚愕!

問診票を見た先生が「あ、今まで矯正したことあるんだね?」って聞くので、
「はい、先週までトータル4年やってたんです」と行ったら、

「エエーーーーーーーー??まじ??え??なにそれーー??」と驚愕する先生。
ここの先生は女医さんで、とてもフランクな感じで親身になってくれました。

先生の診断をまとめると、

  • 前歯で全くものが噛めていない状態=奥歯1,2本しか当たっていない
  • もともと全然出っ歯じゃなかったのに無理な矯正のせいで出っ歯になってる
  • 上の歯は2本絶対に100%抜かないとだめ
  • 診察次第で下の歯も2本抜いたほうがいいかも。これは精密検査でわかる
  • 前歯が出てきちゃったせいでほうれい線まで出てきてるよ!ちゃんとケアしないと
  • 何にも良くなってないから、これまでの歯医者には返金してもらったほうがいいよ

ああ、、もう色々な先生に酷い歯並びだと言われ続けて慣れてきてはいるけど、ほうれい線まで言われるとあーあ、あーあ、って気持ちになります。

絶対に見える矯正はしたくないと伝えたら

はじめの段階で上の歯は絶対に裏側矯正じゃないといやだ、表にブラケットつけるのなら矯正せずに放っておきたいくらいいや、というのは伝えていたのですが、ここでまさかの先生からインビザラインの提案が出ました。

インビザラインとは、透明のマウスピース型の装置を使って歯の矯正をする治療法です。

日本で取扱が始まったばかりの頃のインビザラインは、抜歯やひどい歯並び等、重症の歯には向かないと言われていたのですが、先生曰く、ここ1年で抜歯した状態でもインビザラインで対応できるようになったとのこと。

抜いた場所が半年で埋まるくらい、ちゃんと動くと言っていました。
ほほう。それは知らなかったよ。

実際にシミュレーターが作った歯の推移を見せてもらいましたが、すごく早く、キレイに揃っていくのがわかります。うーん、なんかよさそうな気もしてきたぞ。

しかも、完成までのマウスピースが全部渡されるので、病院に通う必要もないそう。うーん。よさそうよさそうよさそう、、、

極めつけは、これまでのヤブ矯正で歯根や歯茎がダメージを受けている可能性が高く、マウスピースのほうが歯や歯茎にとっていいのではないか、と。

うわーー、まよってきたぞ。

デメリットとしては、やはりずーっとマウスピースを付けてなければならないということでしょうね。

ご飯と歯ブラシ以外付けっぱしって言ったって、一旦飲み始めると5,6時間飲むときだってあるし、その後帰って寝ちゃうこともあるし、、汗。

えもぷカウンセリングの方向性。

現在、もう色々な先生の話を聞きすぎて、先生によって全員が全員、違う意見を言うのでほんとに頭のなかがごっちゃごっちゃです。

周りの紹介ってこういう時に便利ですよね。

料金、先生の人柄、病院の雰囲気、どれをとってもイマイチ決められない時に、誰かに紹介されたりすると、あ、信用できるってなりますもんね。

もう、キリがないよな。。というか東京港区、中央区、渋谷区の矯正専門歯科のほとんどを検索またはカウンセリング行ってる気がする。。

ってことでもう決めないとなぁ。

今、裏側矯正2件、インビザライン1件の歯医者の候補があります。
なので追加でインビザライン専門家のカウンセリングに1件行ってみて、この4件の中から決めようと思います!

裏側矯正はもうカウンセリングに1度行ったところなのですが、再カウンセリングを。。先生方、しつこい患者ですみません。。。

 

また、カウンセリングについてアップデートします★

これまでブログで書いてきた歯医者について、具体的な歯科医院の名前を知りたい方は、メールをいただければお教えいたします!

 

えもぷ。